絣の心地よさを日常に

圓の洋服のこだわり

圓のほど良く身体にフィットしたスタイルは、身体の構造を知りつくしたパタンナーが人体考学に基づき立体裁断で作り出したフォルムの為、最小限のゆとりでも動きやすく身体のラインを美しく見せます。

デザインは絣本来の良さを生かす心つかい忘れず、日本の伝統である和を意識したものや、洋服の流行を感じさせながら絣の存在感をアピールするものを常に発進し続けています。
特に圓の配色デザインは職人の生み出した柄と柄、又は、柄と無地の組み合わせによりそれぞれに持つ柄や色を一段ときわ立たせ、和服の着物や帯の関係を洋服にて表現したものとして、呉服の分野からも高く、評価されております。

着心地の良さ

小巾のきもの地から洋服を作りつづけて20年あまり。
これまでに幾度となく改良を重ねたパターンからほど良くフィットした優しいラインが生まれます。
天然素材の特性を活かした着心地と、飽きのこないデザインが愛着へとつながります。

生産方法

国内生産の反物(呉服反物)伝統工芸品や文化財等も使用して、布味のよさを充分考慮いたしております。
染や柄の良さは絶品です。すべて国内縫製としてこだわっている会社です。

縫製について

縫製はすべて信頼のおける日本国内縫製です。
細部にいたるまで、1点ずつ丁寧に縫製しております。
職人の手作業による工程は、裁断から縫製まですべて一環した管理の元で施されております。

お仕立ての良さ

長い間着用していただく為、お洗濯等に強い方法をなるべく取り入れてます。
(例)

  • 縫代の始末方法はロックをして、さらに折り端コバを掛ける丁寧さです。
  • 切替の多いラインはなるべく伏せ縫い等を取り入れています。
  • その為、裏側の顔がすっきりしています。

    それが長持ちの証です。

▲このページのトップに戻る